03-5623-1020

株式会社プランインベスト

03-5623-1020

メニュー
2021.10.20

不動産投資で良く聞くネット、グロスってなに?

不動産投資ノウハウ不動産購入物件売却管理
不動産投資で良く聞くネット、グロスってなに?

不動産投資に興味を持っているけれど、グロスとかネットとかよく意味のわからない言葉ばかりで悩んでいる方はいないでしょうか?
私も不動産業を始めたばかりの頃は、同じ意味でも様々な言い方があり困惑したこともありました。
今回のコラムでは、不動産投資でよく聞く言葉「グロス利回り」と「ネット利回り」について解説していきます。

不動産投資の世界における”グロス”と”ネット”とは?

不動産物件の利回りには、大きく分けて表面利回りと実質利回りの二つがあります。
その内、表面利回りの事をグロス利回り、実質利回りの事をネット利回りと呼ぶ場合があります。
グロス利回り(表面利回り)の算出方法は以下の通りです。
■グロス利回り=年間収入÷物件価格×100

例えば、その不動産物件からの家賃収入が年間100万円で、
物件価格が2000万円だった場合、グロス利回りは5%という事になります。
一方、同じ物件でもネット利回り(実質利回り)は、家賃収入から管理費などの諸費用を
差し引いた数字を物件価格で割って求めます。
ネット利回り(実質利回り)の算出方法は以下の通りです。
■ネット利回り={[年間賃料収入]- [支出(管理費、修繕積立金など)]}÷物件購入価格×100

例えば、家賃収入が年間100万円で、物件価格が2000万円で、
支出が50万円だった場合、ネット利回りは2.5%となります。

不動産投資をする上での支出

不動産投資をする上での支出には、次に挙げる様な物があります。
管理費・固定資産税・修繕積立金・仲介手数料などです。
簡単に計算でき、目を惹かれがちなグロス利回りだけでなく、これらの支出を考慮して算出された
ネット利回りにこそ注目するべきです。
ネット利回りを計算する事でその不動産の本当の価値を知ることが出来きて投資対象の
不動産物件を探す際や売却する際にもネット利回りを意識することで良い入り口や出口を見つけていけると言えるでしょう。

所有方法がポイントになる

現在の不動産投資では安く買って高値で売る、即ちキャピタルゲインを得る事はかなり難易度の高い投資と言わざるを得ません。
優良な物件を適正な価格で買い、賃貸用不動産として運営して収益を得るというのが、不動産投資の醍醐味だと思います。そのような不動産投資を行えればタイミングによってはキャピタルゲインでの利益がでることも御座います。

まとめ

今回は、不動産投資対象の物件選びの際によく耳にする用語、グロス利回りとネット利回りについての解説を中心にお送りしました。
良い物件を見つけるには焦らず、根気強く、幅広く物件を見て回ることが重要です。
表面的な利回りだけでなく、その物件の持つ本質的な価値を見定める力を養えれば
売却の際に不動産会社に足元を見られて損をしてしまうことも防げると思いますので、聞き心地の良いお話ばかりではなく、きちんとしたお話をしてくれる業者選びをすることで素晴らしい不動産経営が可能になると言えるでしょう。
弊社は常にオーナーファーストを心掛けており、最善のご提案をさせて頂きますのでご不明点等、御座いましたらまずは弊社、プランインベストにご相談くださいませ。

関連記事

WEBからのお問い合わせはこちらから

ページトップへ戻る

メールで簡単!最短即日!

60秒で無料査定