03-5623-1020

株式会社プランインベスト

03-5623-1020

メニュー
2022.01.05

投資用マンションについて

不動産投資ノウハウ不動産購入物件売却管理
投資用マンションについて

弊社ホームページをご覧の方は投資用マンションをお持ちの方も多いと思いますが、実際に投資用マンションについて正しい知識を持っていますか?
販売会社の営業マンのトークを鵜呑みにしておりませんか?
間違った知識をお持ちの方も多いので今回は投資用マンションについて確認していきたいと思います。

投資用マンションとは?

投資用マンションとは、【収入を得る為】に第三者に貸し出す物件の事です。
近年では、節税や保険の代わり、老後の資産調達の為に投資用マンションを始める方も少なくありません。

インカムゲインとキャピタルゲインの違いは?

インカムゲインは、資産を保有していることで得られる利益のことを指します。
一方、キャピタルゲインは資産の売却によって得られる利益のことを意味します。
資産運用の方法は株式投資や投資信託、不動産投資などさまざまですが、
基本的にどの資産運用の方法でも投資利益はインカムゲインとキャピタルゲインの2つに分類できます。
不動産投資では家賃収入がインカムゲインに相当し、不動産を購入した時と売却した時の差益がキャピタルゲインに相当します。

不動産投資ローンとは?

不動産投資ローンとは収益物件を購入するためのローンです。
不動産投資は事業経営の要素があるため、個人的な用途で利用するというよりもビジネス的な用途で利用するローンになります。
呼び方は「不動産投資ローン」や「アパートローン」など、融資をする金融機関によって様々です。
不動産投資ローンの審査基準は以下のような方法があります。

審査基準について

不動産投資ローンの場合は、主に不動産投資で得られる収益性や事業の継続可能性などが審査の対象となります。
購入する収益物件で投資を行なった場合、どのくらいの家賃収入が見込めるのか、継続的な不動産投資による運用が可能なのかといった点が審査されます。
このほか、本人の属性(年齢、収入、職業等)を含めた返済能力も審査対象になります。
また不動産投資の融資では、毎月の家賃収入が返済の原資となりますので
収益性が高い物件に投資する場合は、融資額も上がりやすいです。

物件の選び方

投資用マンションの居住者は、会社員や学生などの単身者層が多いと考えられます。
そのため、室内の環境よりも駅の近さや商業施設の近さなどが重視され、その利便性が投資用マンションの不動産価値に大きな影響を与えます。
投資用マンションの価格はいくら賃料を稼ぐことができ、利回りが何%なのかという収益性から導き出す価格を中心に形成されます。
したがって物件選びでは、新築であればローン返済計画時に想定した賃料、
中古であれば現状得られている賃料が相場と乖離していないのか、どのくらい賃料を維持して貸し続けることができるかなどを考慮して選ぶ必要があります。

まとめ

投資用マンションは物件の収益性に的を絞り、運用をしていくマンションとなります。
従って入居者目線をしっかり考え、利便性を元に物件選びをしていくことを重要視する事が大切です。
実際の物件を見ずに購入される方もいらっしゃるとは思いますが、しっかりと物件の情報以外にも内部状況を把握することにより良い投資の運用に近付けます。

関連記事

WEBからのお問い合わせはこちらから

ページトップへ戻る

メールで簡単!最短即日!

60秒で無料査定